合コンde婚活 結婚相手を探す方法

合コンで婚活をしている女性を応援するブログです。現在1児の母になったフツーの主婦が独身時代に合コンで使っていたテクニックを教えちゃいます。
HOME > スポンサー広告 > 合コンから帰ったら、お礼メールをしよう合コン実践編 > 合コンから帰ったら、お礼メールをしよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合コンから帰ったら、お礼メールをしよう

camerakeitai.png
合コンが終わって家に帰ったら、まずお礼メールを自分から送りましょう。
自分から送るというのがポイントです。

これは常識!私もいつもやってます!という方も多いと思います。
このお礼メールにもちょっとしたコツがあります。
次につながるようなお礼メールの送り方を伝授しちゃいます♪

気になる彼のメールアドレスをゲットしよう


まず、気になる人のメールアドレスをゲットしないことには始まりません。
アドレスを教えてもらう方法は、どんな方法でもよいと思います。
どんな方法でもいいので、メールアドレスをゲットすることがとにかく大切。

気になる彼から連絡先を聞けない~。と悩んでいる方は、以下の方法のどれかをお試しください。

・合コンがお開きとなり、お店の外に出てしまった時は、勇気を出してストレートに「連絡先を教えてもらえませんか?」と聞いてみよう。みんなの前で堂々と言われると断れないものです。とりあえずアドレスゲット!
かなり勇気がいる方法ですが、自分だけに、しかもみんなの前で言われたりするとやっぱり嬉しいものです。この子俺に気があるのかな?と男性も気になるものです。
男性に気があると思われたくない!恥ずかしい!なんて思わなくても、「私、あなたに気があるのよ」と思わせておけばそれでよいのです。

・どうしてもピンポイントでは行きづらいという方は、合コンの最後に「全員でアドレス交換しよう!」と提案しましょう。自分の連絡先も相手側に渡ってしまいますが、とにかく気になる彼のアドレスはゲットできます。
これも恥ずかしい人は、幹事に提案してもらうようにお願いしておきましょう。

・合コンの会場ではどうしても聞けなかった・・・けど聞きたかった・・・という方は、幹事にお願いして、「○○さんの連絡先を聞きたいんだけど教えてもらえませんか?」と男性側の幹事伝いに聞いてもらいましょう。
この方法は、合コンのノリで連絡先を交換した訳ではなく、本当に気に入っている旨が相手に伝わるので結構よい方法だと思います。
ただ、相手が乗り気ではなかった場合断りやすいので、断られても気を落とさず、次に行きましょう!


家についたらすぐにお礼メールを送りましょう


家についたらすぐにお礼メールを自分から送ります。
ここで大事なのは、気になる人にだけ送るということです。
自分が幹事で相手幹事にお礼のメールを送る場合を除き、合コンで一番気に入った彼にだけメールを送ります。
お風呂に入るより前(相手が寝ていると迷惑なので)がベストです。
合コン後に女子メンバーで反省会をする場合も、会場を移動したらすぐに送ることをオススメします。

内容は、差し障り無く普通のメールでいいと思います。
「今日はありがとうございました。○○(自分の名前)です。今日は楽しかったですね。またご飯とか一緒に行けると嬉しいです。」
私はいつもこんな感じの文章で送っていました。

女性が頑張るのはここまでです。
あとは、男性側から誘ってくるのを待ちましょう。こんなメールを送っただけで誘ってくるのか心配かもしれませんが、意外と誘ってくれるものです。

ポイントは、気になる男性にだけメールを送るということ。結構男性メンバーって裏で繋がっているみたいで、「俺、○○ちゃんからお礼メール来たよ」なんて報告しているものです。
「え?俺送られてきてないよ。お前に気があるんじゃないの?ご飯誘えよ!」という会話になるようで、ご飯くらい行ってみようかと誘ってくれるものなのです。
男性は、自分にだけメールが届いたことで自分に好意を持っているのかと思い、誘いやすくなるのです。

もし、何も連絡が来なかったら、脈がないということかもしれません。
その場合は、パパっと諦めて次に期待しましょう。
諦めきれない!という場合は、もう少しメールを送ってみて様子を見ながら、もう一度ちゃんとご飯に誘ってみてはいかがでしょうか?

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。