合コンde婚活 結婚相手を探す方法

合コンで婚活をしている女性を応援するブログです。現在1児の母になったフツーの主婦が独身時代に合コンで使っていたテクニックを教えちゃいます。
HOME > スポンサー広告 > 合コン幹事を引き受ける3つのメリット合コン実践編 > 合コン幹事を引き受ける3つのメリット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合コン幹事を引き受ける3つのメリット

合コンの幹事って、やったことありますか?みんなやりたがらないものです。
せっかく知り合った男性を紹介するのが嫌なのか、面倒臭いのかはわかりませんが、コンパを開いてもらうことってなかなか難しかったりしますよね。
だって、合コンの幹事って、日にちや場所の調整から、人数を集めたり、当日の進行や気配りなどなど、結構大変なことが多いのも事実です。

だけど、合コンの幹事をやる女の子って、結構好印象だったりするんですよ!
参加する合コンがないんだったら、自分で開いちゃえ!!!
そうすると、意外とモテたりするかもしれませんよ。

今日は、合コン幹事を引き受けるメリットについてお話します。

合コン幹事を引き受けるメリット1   幹事の子は話しやすい


合コンの幹事をするということは、男性側の幹事と既に知り合いということになります。
つまり、はじめから、他の女子よりも男性側と仲良しなわけです。

幹事だと、男性側にも女性側にも情報が行き渡っていることも少なくないので、招待された合コンに参加するよりも話のネタが豊富にある場合が多いです。

さらに、幹事のお仕事として、どうしても男性側の幹事とお話する機会も多くなりますので、その合コンへの参加率が上がるというか、他の子よりも男性側の印象に残るということです。
そして、それが話しやすい子という印象にもつながります。


合コン幹事を引き受けるメリット2   自然な気配り


合コンでのさりげない気配りって、男性は大好きなんです!
そういうところをチェックしている男性は多いと思います。

合コン幹事というのは、女子のまとめ役+男性側との橋渡し的な役目なので、どうやっても気配りをする必要があるのです。みんなちゃんと食べてるかな?楽しんでるかな?お金の計算は?お開きの時間はいつにしよう?
これは、「気配りができる子」ということではなく、「気配りをせざるを得ない状況」にあるだけなのですが。

だけど、これが男性側には「よく気がつく子」という印象に映るので、幹事業をこなしているだけなのに、いい印象を持ってもらえて一石二鳥なのです。


合コン幹事を引き受けるメリット3   連絡先を聞きやすい


これはもう、幹事の特権ですよね。
この合コンが終わってしまったらもう二度と会えない・・・なんてことがないので、もしその場で連絡先を交換することができなくても、後から男性側の幹事さんにお願いして教えてもらうこともできるのです。

また、私が幹事をやっていた時は、お開きになる前に必ず「みんな、連絡先は交換した?大丈夫?」と声をかけていました。こうすることで、みんなが交換しやすい雰囲気を作ることができます。
一人の人に聞きにくい場合は、全員で交換しよう!とか、「もし連絡先を聞き忘れてたら後から幹事に声かけてね」と言っておくのもよいでしょう。

ここでもやっぱり幹事なので!ということで、連絡先の交換をしやすい環境を作ることができるのです。
本当は自分が聞きたいのだけど、周りのみんなのせいにして、幹事の特権で連絡先交換タイムを作っちゃったりすると楽しいですよ。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。